知覚の自動化に抵抗する手段として絵画体験による「異化」が重要であると考え、その扉としての絵画を制作しています。

※異化とは
日常的言語と詩的言語を区別し、(自動化状態にある)事物を「再認」するのではなく、「直視」することで「生の感覚」をとりもどす芸術の一手法だと要約できる。つまり、しばしば例に引かれるように「石ころを石ころらしくする」ためである。
(Wikipediaより抜粋)

—————————————————————————————————

色覚多様性について

私は色覚多様性のうち、D型色覚(2型2色覚)です。
色の知覚はほとんどの場合自動化されています。
私は「色弱者」として色というものを異化させることを最重要視しています。

2021.11/15


I believe that “ostranenie” through painting experience is important as a means of resisting the automation of perception, and I create paintings as a door for this.

*What is ostranenie?

It can be summed up as a method of art that distinguishes between everyday and poetic language, and recaptures the ‘feeling of life’ by ‘looking directly’ at things (in an automated state) rather than ‘re-acknowledging’ them. In other words, as is often seen, it is to ‘make a stone like a stone.’.

(Excerpt from Wikipedia)

—————————————————————————————————

Color vision diversity

I have type D color vision (type 2) among my color vision diversity.

Color perception is almost always automated.

As a “colorblind person,” I place the utmost importance on changing experience  of color.